AGAで悩んだらドクターズヘア導入病院・クリニックへ

0120-79-1082 総合電話受付 10:00~19:00

ハミルトン・ノーウッド分類別症例

アメリカの医師ハミルトンが作った薄毛のパターン分類を、後に医師ノーウッドが改定を行なった分類法で、AGA(男性型脱毛症)のパターンをI型からVII型まで、薄毛の進行度合いによって分類したものです。
進行パターンとして生え際から後退していく「M型」と、頭頂部から薄毛になっていく「O型」に大きく区分され、現在も薄毛の進行度合いの目安として用いられています。

  • I型

    前頭部の生え際がM字型に後退しはじめた状態

  • II型

    I型よりもさらに進行した状態

  • III 型

    II型よりもさらに進行し、頭髪全体のボリュームも薄くなった状態

    症例写真を見る
  • II型 Vertex 型

    II型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態

  • III型 Vertex 型

    III型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態

  • IV 型

    前頭部の生え際がⅢ型よりも後退し、頭頂部もO型に薄くなってきた状態

  • V 型

    Ⅳ型がさらに進行した状態

    症例写真を見る
  • VI 型

    前頭部と頭頂部の薄毛部分が繋がり、発毛部分が側頭部のみの状態

  • VII 型

    Ⅵ型が進行し、側頭部の毛量も減ってきた状態

ページトップ

AGA治療をお考えの方へ。各分野の専門医が、髪の悩みを総合的に解消します。

誰でも手軽にできると思われがちな抜け毛対策。しかし、安易な自己判断による抜け毛対策は、頭皮・頭髪の状態を無視することが多く、かえって状態を悪化させる可能性があります。AGA治療(発毛治療)を本気でお考えなら、まずは医師、カウンセラーに相談することが解決への近道です。
※AGA治療(発毛治療)は保険適用外の自由診療になります。

AGA治療に不安をお持ちの方を対象に、メール・電話による総合受付をご用意しています。お気軽にご相談ください。

  • 来院のご予約
  • 無料メール相談
  • お電話:0120-79-1082 総合電話受付10:00~19:00