AGA 治療薬【ミノキシジル】攻めの発毛治療?副作用は?

AGA 治療薬【ミノキシジル】攻めの発毛治療?副作用は?
AGA 治療薬【ミノキシジル】攻めの発毛治療?副作用は?

「ミノキシジル」は薬の成分の名前

AGA治療を調べ始めると必ず目にする「ミノキシジル」。
これは薬の成分の名前で、日本で市販できる外用薬の発毛成分で唯一、国の認可を受けています。

高血圧患者の血管拡張薬として開発されたが、内服を続けたところ発毛効果があるとわかり、AGA治療に用いられるようになりました。

ミノキシジルは抜け毛を防ぐのではなく、毛を生やし成長させる働きを持つ成分なのでAGA治療薬のなかでは「攻め」タイプの成分と言えます。

「攻め」タイプの薬剤。なぜ生える?

ミノキシジルをAGA治療に使う場合、こちらの2つの作用を狙っています。

①血行を促進して髪の細胞に栄養を届ける
②毛母細胞を活性化させて髪の生成を促す

抜け毛を防ぐのではなく、積極的に発毛・育毛するのを目的とした薬剤です。

外用薬と内服薬がある!

ドラッグストアや通販で手軽に購入できるのは外用薬です。
ただし、外用薬は頭皮に塗布して成分を取り入れようとするため、内服薬に比べて成分の浸透率は低く薄毛に対する作用もゆるやかです。
また、外用薬で効果が現れ始めるのはミノキシジル濃度2%~5%と言われており、それ以下の外用薬では効果が現れない場合もあるので、購入の際には注意が必要です。

内服薬は、医師の判断でAGAに処方することが可能。AGA治療を謳っているクリニックの多くで、相談すると処方を受けられます。
ただし、もともとは高血圧患者の血圧を下げるための薬なので、必ず医師の指導に従って、適切な用法・用量を守って使用してください。また、処方前に血圧や血液検査を行い、使用中も定期的に検診を行うクリニックを選ぶことも大切です。

ミノキシジルの副作用は?

外用薬:頭皮のかゆみ・かぶれ
内服薬:頭痛、動悸、立ち眩み、めまい、ふらつき、むくみ

また、初期脱毛が起こることもあります。

第一の難関!でも安心して「初期脱毛」

AGA治療薬を使用し始めて1ヶ月ほどで、これまで以上に髪の毛が抜けてしまう場合があります。
しかしそれは、乱れたヘアサイクルが薬によって正常に戻ろうとしている証拠。薬が効き始めたということです。
ミノキシジルの場合発毛を促すので、休止期の毛根を成長期へと移行させるとともに、今後成長しない・抜け落ちるだけの髪の毛を脱毛させているのです。
安心して治療を継続してください。

    お近くの全国104院の
    ドクターズヘア導入クリニックを探す

    私たちが診察します。

    新着コラム

    1. AGA治療薬一覧【2020年版】フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルetc.

      2020年8月30日

    2. 帽子をかぶると抜け毛が増える?AGAと帽子の関係

      2020年7月14日

    3. 10代20代の薄毛に悩む人必見!AGA治療の前にできること

      2020年7月13日

    • LINEでAGAの写真診断実施中!
    • お近くの全国104院のドクターズヘア導入クリニックを探す
    • 来院のご予約 0120-79-1082 受付時間10:00~19:00
    • 無料メール相談
    • 初めての方へ
    • ドクターズヘアの治療について

    新着症例
    2019年3月7日

    30代男性 Ⅳ型 治療期間3か月

    【治療内容と副作用】
    処方例A:飲むタイプ(男性用)
    個人差がありますが、薬剤成分によるアレルギーが生じることがあります。

    治療前

    治療後

    ¥90,000(税抜)
    [ ¥30,000×3回 ]

    症例一覧を見る

    ドクターズボイス

    ドクターズヘア導入クリニックのドクターたちから患者様へのメッセージ

    岡田 理沙先生

    岡田 理沙先生
    リサクリニック院長

    ドクターズボイス一覧

  • AGAコラム

  • 女性の方はこちら
  • クリニック検索

    WEB予約